親の子供への教育と関心の重要性

子どもが教育を受けて育つとうことでは、まわりの影響や刺激を受けて育つということと同じです。
そうなると悪い刺激では、悪い影響を受けますし、良い刺激では良い影響を受けます。
まだ固まっていない子供の頭の中をそれらの刺激が作っていき、固めていくということでもあります。
親が忙しく、その取捨選択ができていないと、放任主義という自由を与えている教育方法だという安易な逃げに使われます。
自分たち親が子供のころを振り返ってみると、もっと良い影響で育ったかもしれないとか、あの部分をもっと厳しく教育してほしかったとか、正しい接し方をしてほしかったとかと感じたりします。
家族ということは良くも悪くも、絆で繋がっていますので、無意識のうちにお互いが影響を与えているということになります。
経済的な事情もありますが、根本では良く育ってほしいという愛情が必要で、子供の教育では特に関心を持つということが非常に重要だとわかります。